2021年6月14日月曜日

2021年 東京都議会議員選挙      7月4日投開票  

経済効率優先の都政から福祉・暮らし優先の都政に
転換を!
五輪・パラリンピックは中止し、いのちを守ろう!

6月20日まで緊急事態宣言が再々延長されましたが、菅政権も小池都政も、コロナを封じ込めるための有効な手段(科学的な感染防止対策)を取っていません。国民・都民に行動自粛や感染対策を要請するばかりで、大規模なPCR検査も十分な補償もありません。協力金の遅れなど多くの事業者が危機に陥っています。政府・東京都の後手後手のコロナ対策への批判が高まり、内閣不支持率が増加する中で都議選はたたかわれています。都議選の結果は都政に大きな影響を及ぼします。

主な争点をみてみましょう。
東京五輪・パラリンピック開催とコロナ対策は両立しない
世論調査では、東京五輪・パラリンピックの「延期、中止」が8割以上であり、開催により国内外の感染を拡大させてはいけないとの声が高まっていますが、政府、東京都、組織委員会はまともに向き合おうとせず、開催につきすすんでいます。ワクチン接種の打ち手が足りないなか、東京五輪・パラリンピックに医師・看護師を大量動員しては国民の命が守れません。宇都宮健児弁護士が呼びかけた東京五輪・パラリンピック中止署名(Change.org)は
6月8日に42万人を超え、現在も増えています。6月7日の東京都議会では、東京五輪・パラリンピックの中止を求める陳情を都民ファースト・自民党・公明党が反対し不採択としました。6月9日の党首討論では、専門家からリスクをゼロにできないと指摘されているが何故開催かの追及に、菅首相は開催の理由を述べることができませんでした。

医療水準の引き下げはコロナ対策に逆行
小池都政は、コロナ対応で中心的役割を果たしている8都立病院と6公社病院を医療水準引き下げとなる「独立行政法人化」(利益優先で患者・職員にしわよせ)しようとしていますが、自民・公明・都民ファーストはこれを推進しています。

コロナで羽田増便は成り立たず 巨額道路工事費をコロナ対策へ
大企業の「稼ぐ東京」のために、都心を低空飛行する羽田新ルートや空洞・陥没が発生している東京外郭環状道路建設の大型開発優先をすすめています。

平和な東京へ
横田基地のオスプレイが夜間の飛行訓練、低空飛行(200メートルの高さ)を繰り返しています。

立憲野党の勝利で都政の転換を そして総選挙へ共闘を前進

市民と野党をつなぐ会@東京によると、都議選の候補者も1、2、3人区はかなり一本化されています。5月14日に開催された「市民と野党の共闘で都政の転換を」めざす呼びかけ人会議では、立憲野党が連帯の挨拶をしています。立憲野党の勝利で都民の命を守り、福祉・暮らしを支える都政への転換を、合わせて共闘を前進させ、続く総選挙で市民と野党による政権交代を実現させましょう。

2021年6月   あいおい損保職場革新懇 世話人会

2021年4月3日土曜日

    あいおい損保職場革新懇 第17回総会

   オンライン(ZOOM)で

     開催しました

 あいおい損保職場革新懇 (独自のHPは毎月300 回のアクセス)は、3月28日(日)、第17回総会を初めてオンライン会議(18名参加)で行いました。    

議案(情勢・今までの取組・方針など)を共に受け止めて頂けるよう ZOOM画面での掲示など工夫し、また全員発言となるような運営を行いました。

 職場のこと、市民と野党の共闘のことなど、様々な活発な発言が続きました。「人に会えない中会議を楽しみにしていた」「今後もこのような場に参加したい」の発言は、開催して良かったと励まされました。(佐藤千佳子)  

 

2021年2月22日月曜日

 あいおい損保職場革新懇の第17回総会を

   オンラインで開催します 

あいおい損保職場革新懇の第17回総会を、3月28日(日)午後3時から5時まで、オンライン(ZOOM)にて開催いたします。
 参加していただける方はZOOMのホスト役の栗原(Eメ
ールアドレス n.koedo@f5.dion .ne.jp)までご連絡ください。ZOOMのURLをご案内いたします。

       第17回総会 議事日程

  日時:2021年3月28日(日)午後3時から5時
  場所:ZOOM MEETINNG室(オンラインによる)

   午後3時  開会       

  第17回総会議案審議

     Ⅰ 第16回総会以降の情勢

     Ⅱ この1年の主な取り組み

     Ⅲ 2021年活動方針

     Ⅳ 活動報告

     Ⅴ 会計報告

   情報交換会

 午後5時  閉会

        (以降~自由参加による懇親会)


■ 総会の議案書は「総会・事務局」のページからご覧ください。

 こちらをクリックしてください議案書





2021年1月23日土曜日

       核兵器禁止条約が22日 発効しました

  日本政府は 署名と批准を

           損保9条の会が呼びかけ

2017年の国連会議で採択された核兵器禁止条約の批准国が50を超え、2021年1月22日に発効しました。広島・長崎の被爆者をはじめ、「核兵器のない世界」を求める世界の」圧倒的多数の政府と市民社会の共同による歴史的な成果です。しかし、唯一の被爆国である日本の政府は、こうした政界の流れに背を向け続けています。日本政府に対し、一日も早く核兵器禁止条約への署名・批准をするよう求め、損保9条の会として署名運動に取り組むこととしました。ぜひ、多くの方にひろげましょう(損保9条の会)


 損保9条の会 署名用紙
  こちらから印刷しご使用ください用紙
     署名済み用紙は、あいおい損保職場革新懇・世話人にお届けください。

★ 損保9条の会 ホームページをリニューアルしました。ホームページ


2020年12月23日水曜日

  日本学術会議会員の任命拒否の撤回を求める署名

 これからも二人三脚で

        母と娘で130筆

  学術会議任命拒否の報道を読んで、「とうとうここまで来たか!」と思った。これは明らかに学問の自由の侵害だ。また一歩戦争に近づいたと感じた。だから、あいおい損保革新懇から任命拒否に抗議する署名用紙が届いた時、大至急一筆でも多く署名を集めようと母と話し合った。

 滝川事件の頃、母の叔父が京大生だった。法学部ではなく文学部だったのだが、当時のあだ名が漱石の「坊ちゃん」だったというから、どんな性格かは推して知るべし。その叔父から姉(母の母親)に届く手紙は、すべて開封され、検閲されていたのを母は覚えている。それだけに、任命拒否問題の重大さをひしひしと感じたのだろう。

 早速署名用紙をコピーして、私は職場と毎週の首相官邸前や経産省前の活動などで署名を訴えた。さすがに今回はみんなの危機感も強く、ほとんどの人が即座に応じてくれた。

 居住地域は母の担当である。コロナで地域の催しが少なかったのだが、大泉生協病院組合員や九条の会などの仲間に署名用紙を手渡してくれた。この「下請けさん」たちが、五筆、十筆と集めてくれたのだ。歩いて行ける範囲にネットワークを持っているのが母の強みだ。もし電車が止まってしまったら、私にできることは少ない。改めて、地域に根付いた地味な活動がいかに大切か、いかに根強いかを学ばされたように思う。まさに草の根運動の原型だ。

 三週間足らずの時間しかなかったので、二人合わせて80筆くらいかと予想していたのだが、なんと130筆もになった。私たち母娘の最短・最多記録かもしれない。このうちの60筆が母の尽力によるものだった。

 母は、あと半年余りで卒寿である。いくつになっても社会に興味を持ち、積極的に行動するのが母の健康長寿の源かもしれない。本当は高齢者が闘わなくても良い社会になるのが一番だが、政治を変えない限り高齢者も穏やかに暮らせない世の中だから、母にもまだまだ頑張ってもらわなければならない。これからも二人三脚で続けていこう。

              守屋真実

もりや・まみ ドイツ在住27年。ドイツ語教師、障がい児指導員、広島被ばく2世。父は元千代田火災勤務の守屋和郎氏 

 

 

2020年11月29日日曜日

                         損保9条の会 第17回講演会

「コロナ問題が問いかける国民のための政治・経済の在り方」

 11月22日()王子北トピアにて,損保9条の会主催の講演会にコロナ禍のなか参加しました。メインは同志社大学大学院教授の浜矩子氏による「今、何をどう考え、どう見抜くか~下心政治の向こう側を目指して~」と題した講演です。


安倍政治のあと更にひどい、浜さんいわく「スカノミクス」
(中身がスカスカとハズレを意味するスカということ)所信表明では中身はなく携帯料金を下げる、不妊治療を充実させますなど「ショッピングリスト」を示すだけ。そして思想信条は「自助・共助・公助」と自己責任、自助第一主義を堂々と掲げる。

そしてどんな国にしたいのか(下心)はもう明らかですが、浜さんは異論排除、「21世紀版絶対王政」と名付けていました。

さらに「スカノミクス」経済は、中小企業や地銀や信用金庫を潰してまとめていく強大経済のための淘汰と集約をすすめようとしている。

そのために、「スカノミクスの目」監視社会~自分を批判するものを探す、「マイナンバー制度」を強力にすすめるためデジタル庁を作る、「同耳」盗聴もする、「同手」公助を必要とするものは切り捨てる。

こうした弱肉強食政治を乗り越え、「人の痛み、苦しみに涙する目、話を聴く耳、差しのべる手」を持ち、自助する力を持たない人を救済する徹底公助の世界、そのためには強者は奮闘し沢山税金を払って(税金は無償の愛だそうです)公助を確立する助け合い、つながりあう共生社会を作っていくために、今こそ「21世紀版市民革命の時」打倒ファッショノミクス!と呼び掛けられました。

 予算委員会での学術会議の任命拒否の説明は支離滅裂で質疑を20回も止めて答弁不能、官僚の差し出す共助の紙を見てしか答えられないなど情けない姿をさらしながらも、憲法審査会で国民投票法の強行採決を狙うなど、危険なベクトルは絶対に進めていく菅暴走政治を許してはならないとあらためて思いました。     (K.K)

2020年11月13日金曜日

     日本学術会議への人事介入に抗議します

6名の任免拒否をただちに撤回せよ!

 菅義偉首相は、日本学術会議が推薦した105名の新会員のうち6人について、理由を明らかにしないまま任命を拒否しました。この問題は学問の自由と民主主義を揺るがす暴挙であると捉え、東京革新懇とともに署名活動に早急に取り組むことといたしました。
 臨時国会においてこの問題は主要な争点となっており、この署名活動は早急にかつ大々的に行うことが求められています。従いまして、皆さんのご家族を始め、ご親戚、友人、知人の方々にも広く呼び掛けていただき、署名にご協力下さいますようお願いいたします。

 2020年11月  あいおい損保職場革新懇・世話人会

用紙をダウンロードしてご使用ください。

           要請署名用紙