2019年7月23日火曜日

         2019年参院選結果

市民と野党の共闘
  衆院選に向けて更なる進化を
        市民連合が声明


 今回の参議院選挙では、投票率が24年ぶりに50%を割りました。これは日本の民主政治にとって、深刻な問題です。政治に対するあきらめや無力感を克服することは、党派を超えた課題です。この選挙では、多くの地域で市民と野党の共闘が実現しました。そして、32の1人区で10議席を獲得できました。また、改憲勢力の3分の2を打破することができました。自民党が現有議席を確保できず、参議院における単独過半数を失ったことにかんがみても、憲法改正を訴えた安倍晋三首相の路線が否定されたということができます。これは、日本の立憲主義と民主主義について危機感を燃やした市民と野党の頑張りの賜物です。この選挙に取り組んだすべての市民の努力に心から感謝したいと思います。
 残念ながら、安倍政権はさらに継続することとなりました。憲法改正の動きは一応頓挫しましたが、安倍自民党はこれから様々な形で憲法改正にむけた揺さぶりをかけてくることが予想されます。私たちは、引き続き立憲主義と平和国家を守るために運動を続けなければなりません。
 この参議院選挙で野党共闘が一定の成果を上げたことをふまえ、次の衆議院総選挙に向けたさらなる協力を作り出すことが求められます。政権構想の深化と選挙協力体制の構築のために、市民と野党の対話、協力を続けていきたいと考えます。

2019年7月22日
安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合

2019年7月4日木曜日

   2019年参院選 本日公示 21日投開票

市民と立憲野党、共通政策の実現により
  職場を変える!社会を変える!
 32一人区の野党統一候補、全員の勝利を!

 7月4日、2019年参議院選挙が公示されました。今、官邸や霞が関では、嘘をつく、誤魔化す、改ざんする、隠す、無かったことにする、責任をとらない、そして何よりも市民や生活者にリスペクトできない、異常な事態が続いています。社会が壊れつつあります。
5月29日、市民連合と立憲民主・国民民主・共産・社民党の立憲野党は、過労死を促進する高度プロフェショナル制度の廃止、憲法違反の安保法制廃止、生活者重視の経済・社会保障政策、消費増税中止、辺野古新基地工事中止など13項目にわたる共通政策に調印しました。
共通政策に基づき、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、栃木、群馬、山梨、新潟、富山、石川、福井、長野、岐阜、三重、滋賀、奈良、和歌山、鳥取・島根、岡山、山口、徳島・高知、香川、愛媛、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄の32の一人区すべてで野党統一候補の勝利を目指します。

立憲野党4党の「参院選公約」記者会見の模様です。政策全文のPDFファイルは、「市民と野党」のページでご覧ください。 「市民と野党との共闘」

【立憲民主党・立憲ビジョン2019】
【国民民主党・家計第一】
【日本共産党・希望と安心の日本】
【社民党・憲法を活かす】





2019年5月21日火曜日

     全国革新懇 第39回総会に203人が参加

  本気の市民と野党共闘で、
     希望ある政治の実現を!
5月18日(土)東京・学士会館で、47都道府県・15団体から203名の参加のもとで開催されました。特別決議「安倍政治を終わらせ、希望ある政治へ『市民と野党の力』を発揮し、参院選を必ず勝利しよう」を採択しました。
 
発言する 戸塚祐子さん
賛同団体、各地区革新懇からの発言者21人のひとりとして、「あいおい損保職場革新懇」の戸塚 祐子世話人から、2月15日にあいおい損保・西武鉄道・全日空の3職場革新懇の主催した集い「命と平和が宝」を紹介しながら、「過労死ゼロ社会を目指す、職場革新懇の課題」について発言しました(NK)

発言要旨はこちらをクリックしてご覧ください。
過労死ゼロを目指す職場革新懇の課題

「動画」はこちらから。

2019年5月10日金曜日

     許すな!安倍改憲発議! 2019年憲法集会
   平和といのちと人権を!
オープニング(獄友イノセンスバンド)
5月3日、東京有明防災公園で2019年憲法集会が開催されました。集会には昨年を上回る65000人が参加しました。司会は講談師の神田香織さん。
集会の主催者、市民連合共同代表・高田健さんの挨拶に続き、音楽評論家の湯川れい子さんは「みんなで歌い踊れるところに戦争はない」、沖縄県民投票を主導した元山仁士郎さん、安倍首相と同じ1954月年生まれの元NHKプロデューサーの永田浩三さんは「同学年の安倍君、大事な憲法をいじるのはやめて、おとなしく身を引きなさい!」因みに前川喜平さん、志位和夫さん、神田香織さんも同学年とか。他多数の人からメッセージ。
 政党からは、立憲民主・枝野代表、国民民主・玉木代表、共産・志位委員長、社民・又市党首から「決意」が表明されました。
 
会場にたなびく「損保9条の会」の幟です。私たち三多摩健康友の会・国分寺支部も大型バス一台をチャーターし、国立駅南口から、50人ほどで参加しました(清水 正義)

2019年4月30日火曜日

  「革新懇ニュース」89号を発行しました
            (2019年5月3日付)
【主な記事】

* 「世界に恥じない」平和といのちを守る日本を
     ~「生かされたいのち」を生きる~
                 跡部 浩一
  元千代田火災海上出身 
 認定・非営利活動法人リブ・フォー・ライフ美奈子基金
                  理事兼事務局長
* 過労死のない社会、それが私たちの願いです
                 渡辺 しのぶさん
東京過労死を考える家族の会・全国過労死遺児交流会代表

~2月15日 あいおい損保・西武・全日空職場革新懇主催
「命と平和が宝」を開催しました。
* 7月の参院選で政治の転換を
 市民と野党共闘に向けた、市民連合の政策協定案骨子
* 季節の俳句
* QRコードのご案内(ホームページ)
        月間Web新聞「損保のなかま」
        あいおい損保革新懇

全文をご覧ください
 こちらをクリックしてください→ 
           「革新懇ニュース」89号1面2面
バックナンバーはこちらから→
              「革新懇ニュース」



2019年3月22日金曜日

       3月21日 さよなら原発大集会
野党共闘で安倍政権にさよなら!

3月21日(祝)代々木公園、1万人が結集しました。落合恵子さんほか各界からの心に残るスピーチの一部です。

●小泉、細川、菅、野田などの歴代首相は原発廃止なのに、安倍は?
沖縄県民の70%以上が新基地反対だが、安倍は県民の思いに寄り添って?新基地建設を進める。
 40年経った東海第二原発も規制委員会が事故が起きないと言えないと言っているのに再稼働。福島県の3000台の放射能測定器の2400台を無くす計画。溜まり続ける汚染水を海に流す計画もある。タンクは限界というがタンクを造れば良い!この汚染水説明会に出席した44名の内42名が海に流す計画に反対している。
 安倍政権は森友、加計など友人に金をバラマキしたり統計の不正。賃上げもしていないのに統計ゴマカシ。
●沖縄の人の話。ジュゴンを殺し翁長知事を殺した!基地が無いと沖縄は生きられないと嘘を言い続ける政権。沖縄は何も悪いことをしていない。私はさよなら日本と言いたい。
●いわき市民の話。親は子供に本当に食べさせて良いのか、ここで遊ばせて良いのか心配。原発から30キロ離れているが東電も国も考えてくれない。道路一本で避難区域と避難区域外の差別されている。理解できない。
 野党が昨年3月に原発ゼロ法案を衆議院に提出したが自民公明等に審議拒否されていて、今年7月参議院選挙が衆参同時選挙になると一度も審議されずに廃案になってしまう。                (内藤 正則)

立憲・共産・自由・社民党共同提出の「原発ゼロ」法案(概要) クリックしてご覧ください。
 

2019年2月19日火曜日

  あいおい損保・西武・全日空職場革新懇主催
  「命と平和が宝」~みんなで考える

2月15日(金)東京豊島区大塚のラパスホールで、「労働者の命と生活の安全が守られてこそ、企業の社会的責任が発揮できる」第二弾として、3職場革新懇共同の集いを開催しました。さまざまな分野から60名を超える参加でした。

◆ 過労死のない社会、それが私たちの願いです
 東京過労死を考える家族の会 過労死遺児交流会 代表
                 渡辺 しのぶさん
・2000年6月、電機メーカーに勤務していた夫(40歳)を突然、過労死(脳溢血)で亡くしました。
・夫は大学では、水力・火力・原子力に頼らない新エネルギー発電の研究をしていました。技術者として電機メーカーに就職、会社では新しい発電技術をアメリカから導入するための日本では初めてのプロジェクトに従事していました。
・朝6時半の家を出て、夜10時半まで会社、帰りは終電、帰宅は日付が変わってから。土曜も出勤、日曜日もパワーポイントなど翌日のための資料作り。一週間当たりの残業時間は30,45時間、いくら働いても仕事が終わらないのでした。
.その日は出張で直帰で自宅に戻りました。3歳と10歳の娘に絵本を読んでいるとき突然意識を失いました。救急車を呼ぶも手遅れでした。私に代わって救急に連絡した長女は「もっと早く救急車を呼べば・・」と自分を責め、しばらく不登校になりました。
・会社の上司に「これだけ働いていたので過労死ですよね」と聞きました。「みんな、同じように働いています。ご主人だけ亡くなったのです」「弁護士とも相談したが過労死ではありません」これが会社の回答でした。え!夫が悪いというの?あれだけ頑張って働いていたのに。とても許せませんでした。
・しかし、労災の申請、認定のための手続きにはたくさんの労苦が伴います。働きすぎが原因で亡くなったときは、遺族が申請することになりますが、労働実態や労働時間を調べることがとても難しいのです。「裁量労働」制のため会社に労働時間の記録もないのです。したがって労災申請もできない人がたくさんいます。
・労災認定されても亡くなった人は戻ってきません。母子家庭となります。労災と認められるまでの労力により病気になったり、うつ病になったり。何よりも残された子供が過労死をなかなか受け入れられない、不登校、家庭内暴力など「過労死遺児」たちに与える問題は深刻です。
・厚労省の「過労死白書」での脳・心臓疾患による労災件数、精神疾患による労災件数ともに増加傾向にあります。特に近年は若い人の労災被災者が増加しています。長時間労働・パワハラ・モラハラで身体も心も壊れているのです。
・先の「働き方改革」の国会では、政府の企画業務型裁量労働制の対象業務の追加法案は取り下げさせましたが、さらに過労死を招く「高度プロフェショナル制度」は2019年4月施行となりました。
・過労死は人災です。家族会はこれまで、衆参公聴会での発言、官邸前座り込み、国会前行動など様々な反対行動を行ってきています。過労死のない社会、それが私たちの願いです。「過労死遺児」を二度と出してはなりません。

・皆さんからのお問い合わせはぜひお近くの家族の会にお寄せください。
  東京過労死を考える家族の会(東京駿河台法律事務所 03-3234-9143)
  神奈川過労死を考える家族の会(神奈川総合法律事務所 045-222-4401)
  過労死家族の会ホームページ → 全国過労死家族の会  

講演で使用されたパワーポイントは、こちらでご覧になれます。
 こちらをクリックしてください → パワーポイント 16コマ

◆ "人権を大事にするコスタリカ”昭和歌謡にのせて
  ~ 楽団ひとり さん (元第一勧銀支店長 海外拠点要職歴任)
アメイジング・グレイスから始まった冒頭のミニコンサート、ダニーボーイ、アベマリアなどなんとも言えない心地よいものでした。川田正子の歌った「里の秋」、きれいな童謡と思っていたが、戦争に出た父の帰りをただひたすら待ち続ける悲しみの歌であったと、目にうろこでした。
・軍隊を持たず、「平和」の先進国として、世界で唯一の非武装・永世中立を守り抜いている真の人権尊重国家、コスタリカを何度も訪れている楽団ひとりさん、活動の幅が実に広い。
・安倍首相が「2020年までに、憲法に自衛隊明記する」と述べているのに対し、自衛隊は憲法違反であり「2020年まで自衛隊を廃止する」という楽団ひとりさん、活動に裏打ちされた説得力が感じられる。
・戦争による女の哀しみを唄った「星の流れに」と淡谷のりこにまつわるエピソードも興味深く、橋幸夫の「潮来笠」ではつい一緒に口ずさんでしまった。

◆ 未来に広がる人々との繋がり

会場には、コスタリカの会、合唱団この灯、世田谷六町の会、人間講座、戦場体験を受け継ぐということ(高文研)著者の遠藤美幸さんなど、いろいろな分野からの参加がありました。それぞれの想いや願いを幅広いひとびとと共有し、その実現のために一歩踏み出していくことの大切さを実感することができた「宝となるつどい」となりました。(NK)

詳しくは「損保9条の会あいおい」のページでご覧ください。
こちらをクリックしてください → 損保9条の会あいおい