2018年10月22日月曜日

 10・19 戦争法・辺野古新基地建設反対 国会前抗議

改憲発議、辺野古新基地反対
     民意を尊重させよう!

国会前には2900名が結集しました。様々な人からの意見表明がありました。特に印象に残ったものをご紹介します。
* 嘘をつき続ける安倍政権にこれ以上続けさせてはならない。
* 沖縄県民の基地反対の意志をふみにじる安倍政権。
* 安倍政権の恐れる市民と野党共闘を強めていこう(私はこの態勢が出来ないと安倍政権に選挙で勝てないと確信しています)
* 改憲発議、辺野古新基地反対、民意尊重させよう。
* 森友、加計、原発、オスプレイなど問題山積み。
* オスプレイ横田に5機、自衛隊は17機購入。高額で危険なオスプレイを何故購入?
* オスプレイは戦争のための武器だ。イージスアショア1000億円、一発の値段37億円。税金の使い方間違っていませんか。
* 辺野古新基地埋め立て8メートル。本土から土砂を運ぶ。これがないと基地を作れない。本土の戦いが重要。また海の環境問題もある。沖縄の美しい海を汚染する。ジュゴンのいる海を守ろう!
* 安倍内閣はひどい。教育勅語は現代の道徳として良いとした柴山文科大臣の発言は安倍政権の言葉そのものだ。
* 10月24日から始まる臨時国会で安倍自公政権は憲法改正を発議の考え。絶対止めよう* 築地市場の市場内、水曜と日曜以外は11時から営業。正門は封鎖しているので他の出入り口から集団で入りましょう。(内藤 正則)

2018年10月8日月曜日

   あいおい損保革新懇 リクリエーション行事

  歩いてよう   藤沢宿

 
前日までと打って変わって快晴の10月6日(土)のJR藤沢駅北口に19人が参集。今日は元千代田火災、現 藤沢地区郷土づくり推進会議・推進部会長の高野文夫さんご案内による「藤沢宿」探訪です。
 
【まずはスタートに当たって、高野さんからのご説明】
【トランスボックス】
いきなり、トランスボックス・ラッピングとの出会い。電柱の地中化に伴い設置されたトランスボックスに、まちの変遷してきた姿や浮世絵をラッピングしたもの。すごい発想力にびっくり、落書は全くなし。



【時宗総本山・遊行寺】
4代呑海上人が開山の時宗総本山「遊行寺」。遊行寺坂の江戸見附から京見付間の約1キロの藤沢宿街道に御殿、本陣、問屋場、旅籠の施設があったという。大鋸橋(現遊行寺橋)付近の当時の様子など再び訪れて、じっくりその余韻に浸ってみたい思い強く。

【藤沢宿弁当】
遊行寺に隣接し、地域住民や来訪客の交流の場として2016年に開館した「藤沢宿交流館」で、事前に予約しておいた昼食「藤沢宿弁当」をいただく。藤沢産の食材だけを使用したもので、なんと「あいおい損保革新懇ご一行様」とあり、さらに浮き絵の掛け絵付き。浮世絵は記念に持って帰る。

 高野さんが進めている「郷土づくり推進会議」の活動は通常のいわゆる「観光協会」とやや趣が違うようです。皆で「藤沢宿」を大切に、昔の建物を保存している持ち主には感謝の気持ちを。そのために、案内用の28頁にもわたる冊子やパワーポイントも自らがパソコンに向かって創作するという。
 また、「伝承が大事」として小中学生など若者を意識した活動を進めている、という。
 戦後73年、戦争を知らない世代が多くなる中で、論理的・合理的な説明が全くないままに、憲法9条が改正されようとしています。「日本国憲法」の価値を特に若い世代にどうやって伝承していくのか、思いを新たにした「藤沢宿探訪」でもありました。(N.K)

★ くわしくはウエブアルバムにアップしました。ご覧ください。
こちらですアルバム「歩いて見よう」

2018年9月27日木曜日

    沖縄知事選 投開票日の30日まで あと3日

デニー勝利へ 翁長知事の遺志継ぎ
   オール沖縄の力発揮して

  玉城デニー必勝をめざす「うまんちゅ大集会」が22日、那覇市新都心公園で開かれ、8000人が参加しました。大激戦を勝ち抜き、翁長知事の遺志を引き継いで辺野古新基地建設を阻止し、平和で誇りある豊かな沖縄をつくろう、と総決起する場となりました。
 デニー候補は「勝たなければならない選挙」と迫力の訴え、翁長知事の樹子夫人が登場、涙ながらに「ウチナーンユチュの心をすべてさらけだし、マグマを吹き出せて命(ぬち)かじり頑張りましょう」と訴えました。

全国革新懇FAXニュースから転載しました。全文はこちらをクリックしてください。 

2018年9月20日木曜日

        戦争法から丸3年
安倍9条改憲NO! 辺野古新基地建設阻止! 
             9・19 日比谷野音集会

この政治を我々の手に取り戻そう!

9月19日(水)18時30分、日比谷野外音楽堂、すべての立憲野党、沖縄の山城博治さん他4800名が結集、さまざまなスピーチが繰り広げられました。

★3年前の今日、安倍首相は「安全保障法(戦争法)の国民の理解は進んでいない」と国会答弁したのに関わらず憲法違反の戦争法を強行採決。しかも「限定的に適用する。例えば米軍が北朝鮮から攻撃を受けた場合」と答弁していたのに自衛隊を南スーダンに派遣。今は東シナ海に自衛隊潜水艦を出し中国を刺激。対話でなく戦争準備で憲法違反の法を拡大適用している。臨時国会に提出しようとしている憲法改正法案はこれらのことを正当化するものである。
★3年前日本の民主主義は死んだ。安倍首相はゾンビ復活内閣。沖縄の翁長知事は県民とアジアの平和のために国家(自公政権)と米国と戦い戦死した。
沖縄の山城博治さんの話。命かけ戦ってきた翁長さんの無念を晴らす。いま、沖縄で交付金にたかり、誇りをかなぐり捨て目先の人参にぶら下がる人達がいるが「ウチナンチュウを辞めろ!」と言いたい。
 知事候補の玉城デニー氏の父親は米軍の人で顔も知らない。母親はバーで働いていた。母親は働いているので友人に育てられた。光の当たらないところに目を向けられる人です。中央政治の圧力に負けずに戦える人だ。
 ぜひ、沖縄に応援に来てください。
このような状況をつくるこの政治を、我々の手に取り返そう!
                 (内藤 正則)

詳しくは、損保9条の会あいおい のページもご覧ください。
 こちらをクリック→ 損保9条の会あいおい



2018年9月12日水曜日

さよなら安倍政権 めざそう3000万人の署名 9・5大集会
安倍9条改憲の発議をさせない!
   3000万人のちからで!
9月5日文京区民センター3A会議室、400人を超える人びと、舞台の袖までに。昨年のキックオフから1年、3000万の主権者の声で、安倍改憲をつぶす!安倍政権をつぶす!新たな決意新たに!
司会進行は"嵐を呼ぶ少女”菱山南帆子さん、開会は全国市民アクション・共同代表の高田健さん。市民連合・上智大教授の中野晃一さんの講演「安倍9条改憲と臨時国会の課題」、安倍改憲は何らの合理的説明ができない、護憲派も護憲的改憲派も、安倍いやだのひとも一致して×を。
各地の斬新的取り組みの報告。「大学の門前で学生によびかける」世田谷区での取り組み、損保9条の会あいおいのメンバーでもある角倉洋子さんが報告。
詳しくは、損保9条あいおいのページをご覧ください。





2018年8月9日木曜日

「革新懇ニュース」86号を発行しました
            (2018年8月4日付)
【主な記事】

* 戦争遺跡「明治大学・登戸研究所」
         および「全損保の碑」を訪ねて
  ~次世代に戦争の実相と平和への想いを語り継ぐ~
            清水 正義(元千代田火災)
  戦争の暗部を語る「登戸研究所」
  ・核兵器の廃絶を誓う「全損保の碑」
* 季節の俳句
 「俳句」の欄を新設しました。今回は戸塚祐子世話人が
  作句の際にお世話になっている方々のご協力をいただ
  きました。
* 労働者を守るべき労働基準法が、
            企業利益推進の法律に!
  ・「残業代ゼロ」法、「過労死促進」法である
  ・ 今、あいおいニッセイ同和損保の職場では
  ・ 労働組合は制度導入をきっぱり拒否すること
* 東海道53次江戸より6番目「藤沢宿」を訪ねる
  10月6日(土)午前11時
              JR藤沢駅北口改札口
  案内人 高野文夫さん
  (元千代田火災 藤沢地区郷土づくり推進会議・
   推進部会長)

「革新懇ニュース」全文をご覧ください
 →こちらをクリック 「ニュース1面2面」

2018年8月8日水曜日

「いま、沖縄で起こっていること」

   これが主権国家なのか!
  
8月4日 損保9条の会・特別企画
      「講演と戦時体験を聞くつどい」に参加して

「いま、沖縄で起こっていること」というテーマで、琉球新報社 東京支社報道部長 滝本 匠氏のお話を聞きました。
 これまでも度々言われてきた「日本の国土の0.4%しかない沖縄に70%以上の米軍基地が置かれ、事件・事故が頻発し続けているのは、沖縄に対する差別ではないか」ということを改めて考えさせられました。
 昨年12月、普天間基地に隣接する保育園と小学校に米軍ヘリからの部品や窓枠が落下する事故が起きました。事故後、米軍は飛行ルートを「最大限可能な限り市内の学校上空は避ける」としましたが、状況は変わっていません。
 米軍機が学校上空に接近するたびに沖縄防衛局の監視員の指示で、体育の時間中の児童が校庭から校舎に走って避難する事態が続いています。1日最大で29回、1学期で455回にも及ぶそうです。
  子どもたちが校舎に向かって必死に走って避難する映像を見て、これが主権国家なのか!
政府はなぜ米軍に飛行中止を求めないのか! 心底怒りが湧きました。
 沖縄県の翁長知事は7月27日、名護市辺野古の米軍新基地建設に関する埋め立て承認を撤回すると表明しました。何をすることが沖縄の支援になるのか、真剣に考えたいと思います。( あいおい損保革新懇・参加者 
★会場は130名の参加者で満席、あいおい損保関係者も23名の参加でした。